おまとめはパートやアルバイトをしていても申込出来る?

貸金業法の総量規制が施行される前は、パートやアルバイトの兼業主婦は借りるだけ借りてしまい、多重債務になってしまった方が少なからずおられます。

 

そういった方がおまとめを希望しても借り換えが出来るのでしょうか。

 

おまとめローンが利用できる条件

結論から言えば、パートやアルバイトの方でも借り換えは可能です。

 

ただし、いくつかの条件を満たすことが必要です。

  1. 勤続年数が最低1年以上続いている事
  2. 毎月の収入の変動が少ない
  3. 社会保険に加入している

審査ではこういったところで安定した収入を見込めるどうかかの判断がされます。

 

おまとめローンの場合は、アルバイト・パートは特に安定収入の面を重要視するので、勤続年数が最低1年以上、毎月の収入の変動が少ない(毎月10万円以上あるなど)事は重要な要素になります。

 

審査を通すための注意点

「収入が低いから不安」と言う方が、審査を通したい為に収入を多めにごまかしたり、雇用形態をごまかしたりする方もおられますが、絶対にやってはいけない事のひとつで、パート・アルバイトは特に勤務状況、収入状況を厳しくチェックされますから、確実にバレますし、その時点で審査終了です。

 

また、どこでもよいから借りられるところと、一度に複数社へ申込をする方もおられます。多重申込をしすぎてしまうと「申し込みブラック」になり、かえって審査に通りにくくなってしまうので、複数申込は1カ月に3社以内に停めておきましょう。

 

望み通りの限度額はあまり期待できない

限度額の判断はパートやアルバイトの場合は低く出されることも多く、200万円希望して50万円の審査結果だったということもよくある話です。限度額の決定は収入に対してムリのない返済額の範囲内になる事や、安全を見て限度額を抑えられる場合が多いのです。正社員の場合でもそうですから、パートやアルバイトの方は、なおさらそうなる確率が高いことは覚悟が必要です。

 

ただし、希望した限度額が借りられなくても悲観してはいけません。むしろ少しでも融資が決まったということは、社会的信用があると自信を持ちましょう。一度に全部がまとめられなくても、まとめられる分だけでもまとめるという努力を続けていけば、いずれは一つにまとめることが出来るので心配の必要はありません。